姓名判断による復縁占いは信用できるのか

日本人という点で選べば、姓名判断があります。子供の名前をつける際にも利用しますね。とはいえ姓名判断による復縁占いは信用できるのでしょうか。

姓名判断とは

姓名判断は、漢字文化圏特有の占い方法です。字は体を現すとも言われるように、名前によって性格が変わることもあります。そういう意味でも、子供の名前付けは重要です。

占う基本は、漢字画数の組合せです。つまり姓を合わせた天格、姓と名の接合部である人格、名を合わせた地格、最初と最後を合わせた外格、そして合計画数である総格を使います。もちろんひらがなやカタカナでも大丈夫です。

実証例は多いですね

姓名判断の魅力は、実証例が多いことです。芸名などで顕著ですが、改名することにより大成功を収めるケースは少なくありません。一般の人でも使い続けている通称があれば、それで占うことができますよ。

未だに女性でありがちですが、結婚すると苗字が変わります。これは画数を変えることになります。案外重要です。そのため姓名判断的には旧姓で通した方がよい人もいます。

復縁占いに向いています

姓名判断が復縁占いに向いている理由は、数字という客観的な表現ができることです。誰もが納得しやすいですね。

画数が悪くても心配ありません。漢字の「はらい」を「はね」に変えたりして画数を増減できます。それによって相性を変えることも可能だからです。印鑑で応用されています。

ワンポイントアドバイス

姓名判断を試す際には、相手の名前を正確に知っておきましょう。略字ではなく、戸籍に記されている正式な漢字です。画数を正しく知ることが信用性を高めるポイントです。